就職・進路支援 新潟大学キャリアセンター

  • HOME
  • 最近のトピックス

最新記事

本学のキャリア形成支援教育科目として開講されている「社会とキャリア選択A」。
国や経済界が,これからの企業・社会が求める人材を育成するため,高い職業観の意識の育成や職業適性や将来設計について考える機会として多様な形態のインターンシップを推奨しています。

.

本学では新潟では初となる,「企業の若手社員の研修も兼ねた,若手社員と学生のチームが企業の課題に取り組む産学連携教育として同講義を「企業人と学生のハイブリッド」と銘打ち今年度から開講しました。

.

詳しくはこちら。

.

本学では今年度の成果をさらに参加企業,学生ともに実り多きものになるようブラッシュアップし,来年度への開講の準備を進めます。

大学間連携共同教育推進事業(平成24年度~平成28年度)『取組名称:産学協働教育による主体的学修の確立と中核的・中堅職業人の育成』において,事後評価で「S」評価を受けました。
(S評価:計画を超えた取組が行われ,優れた成果が得られていることから,本事業の目的を十分に達成できたと評価できる。)

.

本事業推進にご尽力いただきました皆さまには、深く感謝を申し上げます。

.

なお,現在,本事業に関する本学での所管が,連携教育支援センターへ変更となっておりますことを申し添えます。

.

・プログラム詳細はこちら
https://www.career-center.niigata-u.ac.jp/daigakukan-jcen/

・日本学術振興会HPより本取り組みの本事業の事後評価(PDF:237KB)
https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/06/evaluation_iagc.pdf

【関連リンク】
・日本学術振興会 大学間連携共同教育推進事業 事後評価結果(日本学術振興会Webサイト)
https://www.jsps.go.jp/j-ppiuce/jigo_kekka.html
・教育・学生支援機構 連携教育支援センター
https://www.iess.niigata-u.ac.jp/cce/index.html

2月21日(火)、「これからの産学協働教育・インターンシップを考える」と題した報告会を学内で開催しました。この報告会は、本学が京都産業大学・成城大学・福岡工業大学とともに平成24年度に採択された、文部科学省大学間連携共同教育推進事業「産学協働教育による主体的学修の確立と中核的・中堅職業人の育成」事業の成果を報告するものです。一般社団法人新潟県経営者協会、新潟県中小企業団体中央会にご後援をいただき、会場には企業関係者や髙橋学長をはじめとした学内教職員、一般学生など約80名の参加者が集まりました。

2.21houkokukai

前半では、「企業課題探究型 長期・有償型インターンシップ」(新潟県内の企業(団体)での約半年間にわたる実習+大学での学修支援プログラム)の成果報告を実施し、5企業(団体)でのインターンシップに参加した7名の1・2年生がプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションでは、実習で経験した業務の内容とそこから得た学び、今後の大学生活での目標について学生が報告するとともに、受入企業(団体)のご担当者からも、受入の意義や学生の成長の様子についてコメントがありました。

1 2

後半では、初めに基調報告として、当事業の推進責任者である京都産業大学の松高政准教授より、インターンシップ等の推進に関する政策や大学の動向をご紹介いただき、その後、本学における5年間の取組成果を参加者に報告しました。また会場では、4大学が共同で開発した長期インターンシップのノウハウを伝えるハンドブック、産学協働教育の学修支援教材など、現場で活用が可能な成果物も配布・展示し、多くの方にご覧いただきました。

DSCF5962 DSCF6044

最後に行われたパネルディスカッションでは、企業・大学・学生それぞれの立場から、こうした取組の意義と課題をお聞きしたほか、今後、大学として取組を進めていく学外学修プログラムの展望等について意見を交わしました。

本事業はこの平成28年度で終了となりますが、学生の継続的な成長・学びを促す産学協働教育の可能性を参加者が共有し、次年度以降の取組の展開につながる報告会となりました。

11月5日(土)、「1・2年生対象 長期インターンシップ」プログラムのうち、経済同友会連携インターンシップ(夏期休業期間に3~4週間程度の宿泊・集中型)の成果報告会を実施しました。

この日は、企業関係者や髙橋学長をはじめとした学内教職員、一般学生など約40名の参加者が集まる中、プログラムに参加した7名の1・2年生がプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションでは、実習で経験した業務の内容とそこから得た学び、今後の大学生活での目標について、各自が15分程度で報告しました。

DSCF5416 DSCF5617

DSCF5542 DSCF5537

この日の発表に至るまでに、学生は教員とともに自身の学びを深く振り返り、それを聴衆に伝えるためのプレゼンテーションの練習を重ねてきました。学生の堂々とした発表に対し、会場からは様々な質問が寄せられました。

今後の大学生活については、「授業の受け方の意識を変える」「留学の具体的な計画を立てる」「自分の学び・考えを他者と共有し、フィードバックを得る」など、学生各自がそれぞれの経験をふまえた新たな目標を宣言しました。

平成28年度の経済同友会連携インターンシップは、この報告会をもってプログラムはほぼ終了となりますが、1月まで実習を行っている新潟の地元企業での長期インターンシップは、2月に報告会を開催する予定です。

「1・2年生対象 長期インターンシップ」について、詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.career-center.niigata-u.ac.jp/internship/long.php

9月27日(火)、「1・2年生対象 長期インターンシップ」の振り返り研修を実施しました。
このインターンシップは、首都圏を中心とした経済同友会会員企業でのインターンシップ(平成28年度から実施)と、新潟の地元企業でのインターンシップ(平成26年度から実施)、2つのプログラムがあります。経済同友会会員企業でのインターンシップは夏期休業期間に3~4週間程度の宿泊・集中型、新潟の地元企業でのインターンシップは8月~1月の約半年間をかけて通い型で行います。
この日は、それぞれのプログラムに参加した15名(経済同友会会員企業7名、新潟の地元企業8名)の1・2年生が集まり、8月~9月に参加した実習の振り返りを行いました。
Read the rest of this entry »

6月17日(金)、「1・2年生対象 長期インターンシップ」の第1回目の事前研修を実施しました。
このインターンシップは、首都圏を中心とした経済同友会会員企業でのインターンシップ(平成28年度から実施)と、新潟の地元企業でのインターンシップ(平成26年度から実施)、2つのプログラムがあります。経済同友会会員企業でのインターンシップは夏期休業期間に3~5週間程度の宿泊・集中型、新潟の地元企業でのインターンシップは8月~1月の約半年間をかけて通い型で行います。
この日は、今年度それぞれのプログラムに参加する15名(経済同友会会員企業7名、新潟の地元企業8名)の1・2年生が一堂に集まり、最初の事前研修を実施しました。冒頭には、髙橋学長からの挨拶があり、チャレンジ精神溢れる学生たちに激励のメッセージが送られました。
12


その後、インターンシップに臨む心構えや大学生活とのつながりについてキャリアセンター教員から講義を受けた学生たちは、「なぜ自分がこのプログラムに参加したのか?」「インターンシップを通じてどんな風に成長したいのか?」を各自が語り合い、1人1人が参加の決意を新たにしました。

34


当プログラムでは、大学が主導でこうした研修等を行い、学生の学修支援をはかっていきます。今後、参加学生たちは8月まで4回の集合研修を受け、8月からそれぞれが受入企業での実習に参加する予定です。



「1・2年生対象 長期インターンシップ」について、詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.career-center.niigata-u.ac.jp/internship/long.php

2月18日(木)、キャリアセンターでは「教育的効果の高い 長期・有償型インターンシップ フォーラム」を開催し、80名の方にご参加いただきました(企業関係者20名、大学関係者42名、学生18名)。

学生からの成果報告 発表に聞き入る参加者

キャリアセンターが実施する「企業課題探求型 長期・有償インターンシップ」は、全国的にまだほとんど例のない大学が主導する長期・有償型のインターンシップ・プログラムであり、その期間は研修も含めて半年以上におよびます。今年度は4社の受入企業に、9名の学生が参加しました。

フォーラムでは、産学協働教育、キャリア教育に造詣の深い元・立命館大学の加藤敏明先生から「大学教育における産学協働教育(インターンシップ)の世界動向から未来に向けて」と題してご講演いただきました。その後、長期・有償型インターンシップの成果報告では、参加した学生の発表だけではなく、受入企業の方からも企業にとってどのような意義・メリットがあったかをご報告いただきました。

長期にわたるインターンシップの中で、学生は企業から期待された成果や目的のもと何度も試行錯誤しながら業務・プロジェクトに取組みます。その結果、学生からは、普段の学業においても「常に目的を意識するようになった」「読み手を意識してレポートを書くようになった」「自分の時間管理をしっかりし、見通しをもって課題に取組むようにしている」等の変化があったことが発表され、特に低学年次の学生へのインターンシップによる教育的効果を考える貴重な機会となりました。

会場の参加者からも、企業・大学等それぞれの立場から今後のインターンシップのあり方を考える上で大いに参考になったとの声を多数いただきました。

キャリアセンターでは、この「企業探求型 長期・有償型インターンシップ」を来年度も継続して実施いたします。

インターンシップの取組詳細については、こちらをご覧ください。

http://www.career-center.niigata-u.ac.jp/internship/long.php

キャリアセンターでは,平成26年度に新潟大学全学同窓会雪華支援事業に採択され,
2年度にわたり学生と社会人との交流事業を実施してきました。

この度,同事業の事業期間が終了しましたことを,ご報告するとともに,
ご支援いただきました新潟大学全学同窓会様に改めて御礼申し上げます。

キャリアセンターでは,今後も引き続き学生と社会人との交流事業を実施し,
学生のキャリア形成支援を行っていきます。

 

 11月24日(火)にキャリアセンター学生プロジェクト主催のキャリCafeを開催しました!
キャリCafeとは、カフェのようなカジュアルな雰囲気の中で社会人の方とお話しすることを通して、働くことを含めた将来のビジョンを一緒に考えるイベントです。キャリアセンター学生プロジェクトが企画・運営にあたり、今回で11回目の開催となりました!

  今回のキャリCafeのテーマは「新聞から何を学ぶか」。
関心のある記事や議論したい記事を学生・社会人の各々が選び、なぜ気になったのかを共有しました。
さらに各々が選んだ記事を模造紙に貼ってキーワード等をつなげ、記事どうしのつながりや関係について自由に話し合いました。
他の人がその記事を選んだ理由を聞くことで自分の関心の幅が広がり、異なる話題の記事どうしの関係を考えることで社会を多面的に捉えることができたと思います。

  参加人数は、学生が34人、社会人が8人でした。参加した学生からは、「社会人の方の(新聞の)読み方の視点が分かった」「よく分からないところ(特に政治経済)があったので、これから知識をつけたい」などの感想が寄せられました。
また社会人の方からは、「人に接する・学ぶ大切さを感じた」「学生の視点を知ることができた」とのお言葉をいただきました。

 

20151124

 

 参加していただいた社会人、学生のみなさん、ありがとうございました。次回、12月21日(月)には、いつもとは少し違うキャリCafeとして、新潟県との共催で開催する予定です。みなさんの参加を心よりお待ちしております!!

 

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

キャリアセンター学生プロジェクト(通称:Cプロ)は、
「キャリプロ」と「シュウプロ」の二つのチームで活動しています。

●「キャリプロ(キャリアプロジェクト)」:

1~3年生を中心に、キャリCafeを定期開催する等の活動を行っています。

●「シュウプロ(就活プロジェクト)」:

就職活動を終えた4年生・大学院2年生で、就活生の支援を行っています。

《twitterとfacebookやっています!》

https://twitter.com/niigatauni_cgp
https://facebook.com/cpro.niigatauniv

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 9月24日(木)、キャリアセンターが実施する「企業課題探究型 長期・有償型インターンシップ」の中間合同研修を実施しました。
 このインターンシップは、これまで国内であまり例のない大学が主導する長期・有償型のインターンシップ・プログラムであり、その期間は研修も含めて半年以上におよびます。今年度は4社の受入企業に、9名の学生が参加しています。
 この日は、受入企業のご担当者にも参加いただき、8-9月に実施した前半3週間の実習を振り返る中間研修を行いました。

 

pic1 pic2

 
 はじめに、「企業のミッションに対する成果」「自身の具体的な行動とそこからの学び」「今後10月からのアクションに向けて」の3点を学生から報告してもらい、そこに参加者から様々な質問を投げかけながら、全体で学びを共有しました。
 学生からは、目の前の作業の目的を意識することの重要さ、事例調査を行うにあたってのポイントなど、日常の大学での学習活動にもつながる感想が多く聞かれました。
 今後10月以降は、大学の授業と並行しながら週2日程度の活動に取組んでいきます。

 

「企業課題探究型 長期・有償型インターンシップ」について、詳しくはこちらをご覧ください。

••• calendar •••
2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新潟大学 教育・学生支援機構 キャリアセンター

〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地 電話番号 025-262-6087 FAX番号 025-262-7579 E-MAIL|shushoku@adm.niigata-u.ac.jp

Copyright(C)2009 Niigata University Career Center All Rights Reserved.